キクの育て方を確認しよう!「カラフルな庭の作り方」

メンズ

ガーデニングの雑草対策

ガーデニングにおいて雑草との戦いは避けては通れないものです。夏場の暑い時期の作業になるので、草取りは誰でもが嫌になるほどの重労働です。刈り方、服装やアイテムなどを工夫して少しでも楽に作業出来るようにしたいものです。

詳しく見る

園芸道具

手入れをしてくれる

大阪の植木屋は剪定はもちろん、他にも造園をしたり、フェンス工事を行ったりと様々な事を依頼できます。社員は依頼者のニーズをしっかりと把握できる人ばかりなので、安心して依頼できます。自社で一貫している場所は値段が安いのも嬉しいです。

詳しく見る

キク

得意分野や実績をチェック

庭を造る場合に自分だけですべての作業をこなすのは大変ですが、造園業者に依頼すれば仕上がりが立派になります。仙台市にも多くの造園業者がありますので、得意分野や実績をチェックした上で利用するといいでしょう。見積もり段階で複数の業者を比較する際には、明朗会計で対応の良い業者を選ぶのが失敗しないコツです。

詳しく見る

庭

日本を代表する花

キクは日本を代表する花でガーデニングでも人気です。キクの育て方にはいくつかのポイントがあげられます。土は水はけの良いものを選びます。初心者は市販のキク専用の土を利用しても良いでしょう。水やりは土が乾いてからたっぷりと、肥料は新芽からつぼみの頃までに与えます。病気や虫対策に月一度殺虫剤を使用します。

詳しく見る

剪定

メリットが多い

草取りを業者に依頼する人が増えていますが、これは多くのメリットがあるからです。たとえば、業者が自分の代わりに作業をするので高齢者でもガーデニングが容易です。また、ゴミが大量に出ても処分してくれることや、手作業では対応できない草も専用機材で処理してくれることなども挙げられます。

詳しく見る

婦人

一度キレイに揃えよう

大阪の植木屋には老舗のところもあれば、全国チェーン展開のところもあります。どちらにしてもプロに頼むことで家の庭はキレイになるものです。費用がかかるため、頻度を決めてキレイにしてもらいましょう。一度キレイに揃えると見栄えが良くなります。

詳しく見る

菊

庭造りにかかる費用

造園の費用は、植物やエクステリアの種類、数などにも影響されます。また、同じプランでも工事内容に違いが発生し、価格差が出ることも少なくありません。仙台の業者への依頼の際は、予算に見合ったプランを提示してもらうことで、予算オーバーになることを防げます。複数業者から、適正金額のプランを選びましょう。

詳しく見る

たくさんの種類がある植物

草むしり

カラフルな色も増えて人気

キクと言うと御供えなどに使われるイメージが強いですが、キク科植物は2万種以上もあり、古くから食用や薬用などの目的で広く栽培されてきました。平安期以降は観賞用として広く出回り、比較的上流階級の人々が好む高級花として知られています。育て方は比較的簡単で、基本的に肥料の与え方と水切れに注意をするだけなので、園芸初心者にも適した植物です。1本の茎に花を1つ咲かせるキクには、主に観賞用として栽培される花の直径が18センチ以上の大輪、生花や仏花などの切り花として使われることが多い、花の直径が直径9センチ〜18センチ未満の中輪、ガーデニングや切り花、食用として使われる直径9センチ未満の小輪と3種類があります。その他に1本の茎に複数の花を付けるスプレータイプなど、たくさんの種類のキクがありますが、何れも花持ちや水揚げが良く育て方も難しくないため、広く人気があるのが特徴です。育て方のポイントは、花を付けるまでは窒素成分が多く含まれている油かすなどを与え、花が咲いたらリン酸を多く含む肥料を与えることと、日当たりの良い場所で水切れに注意することです。そのようにして育てたキクの開花時期は夏以降の涼しくなってからの9月中旬から12月ころまでが見ごろです。以前は白や黄色が主流だったキクですが、現在ではピンクやオレンジ、赤など鮮やかな色を楽しむことができます。特にスプレータイプを数種類合わせると、とてもカラフルでガーデニングなどに最適です。育て方も簡単な上、丈夫で開花機関も長く楽しめて人気のキクを是非栽培してみましょう。